お金借りたいブラック注意

\大手だから借りた後も安心/

今、お急ぎですか?

「お金すぐ借りたい」
「でも銀行では間に合わない」
「知り合いに見られたくない」


このようなお悩みや不安はございませんか?

こちらでは今日中にお金を借りたい方のために、おすすめのカードローンをご紹介しています。

お金すぐ借りたいという急ぎの時に、銀行カードローンでは対応できなくなりました。なぜなら、政府が銀行に対して貸付の規制を行い、即日融資が実質禁止となったからです。

しかし、簡単に借りれるとなると闇金や悪徳業者の影が…。

そこで、今本当に選ぶべきなのは、しっかりと法律によって決められた基準で営業している大手の金融会社です。

大手の消費者金融は、今日中に借りれますからご安心ください。

\安全にお金すぐ借りたいなら/
即日融資安心カードローン

最短即日で振り込み可能
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書不要(借入額50万円以下の場合)
  • 今日中に借りれます(24時間、土日も即日振込が可能です。)
    ※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合があります。
  • 初回は最大30日間利息0円
  • Web完結で契約手続き可能
    ※在籍確認が行われる場合がございます。

【必要書類はこちら】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など
  • お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
PC・スマホから申込可能
24時間365日土日でもOK
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書不要(借入額50万円以下の場合)
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • 大手キャッシング会社で安心
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 運転免許証だけで借りれる
  • コンビニATMでも借りれる

【必要書類はこちら】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住証明書 など
来店不要で即日融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書不要(借入額50万円以下の場合)
  • 今日中に借りれる
  • Webですべての手続き完了
  • 初回は30日間利息0円

まとめ

こちらでは、今すぐ安全にお金が借りれるおすすめのカードローンをご紹介しました。

最近ではWebですべての手続きが完結してしまうほど、お金を借りること自体は簡単に手軽にできるようになりました。

そしてさらに、今すぐ『安全に』お金を借りることも現代では可能です。

消費者金融=怖い、というイメージは一昔前の話。大手の消費者金融であれば、むしろ法律にのっとって安心安全に借りれる所がほとんどです。

ぜひこちらでご紹介している消費者金融を参考に、安全にお金を借り入れしてみてはいかがでしょうか。

安全にお金を借りる方法Q&A

こちらでは、「今すぐ安全にお金を借りたい」と思っている方の多くが気になる質問と答えを、Q&A形式でまとめてご紹介しています。

Q. 安全にお金を借りる方法ってありますか?

A. はい、あります。安全にお金を借りたいなら、借入先を慎重に選び、正しいお金の借り方をすることで安心して借りれます。

まず、安全にお金を借りれる所と言えば、大手の銀行カードローンまたは大手の消費者金融カードローンになります。

そして、正しいお金の借り方というのは、お金を借りる際に返済方法までしっかりと考えておくという事です。

今では、パソコンやスマホを使ってWebで簡単に借りれる時代です。簡単に借り入れできるからこそ借りすぎてしまう方が多いです。

評判の良いカードローンでは、いろんな返済方法が選べる上に返済の仕方も簡単便利になっています。

無理のない返済計画を立ててから、お金を借りるようにしてみてはいかがでしょうか。

Q. はじめてお金を借りるんですが、上手な借金の仕方があれば教えて下さい。

A. 賢く上手にお金を借りたいなら、返済しやすい金融機関を選んでみるというのはいかがでしょうか。

必要な時にすぐに借りれるカードローンは多いですが、いかに早く完済できるかが借金において大事なポイントになります。

「すぐに借りれる」より「すぐに返せる」金融機関を選ぶと、返済がスムーズになり上手に借金をやりくりできるのではないでしょうか。

すぐに返せる金融機関とは、たとえば返済可能な専用ATMまたは提携ATMが多い、夜間でもコンビニATMで返済できる、など返しやすい所です。

また、毎月銀行口座から返済額が自動引き落としされるシステムがあれば、ぜひ利用してください。返済し忘れを防ぐことができるのでおすすめです。

Q. 今日中にお金を借りたいです!安心してお金を借りるならやっぱり銀行がいいですか?

A. 確かに銀行は安心感がありますが、今日中に安心してお金を借りれる所となると、大手の消費者金融がおすすめです。

銀行カードローンは金利が安いことで知られ、日頃から預金などで銀行にお世話になっている事もあり、安心感はあるかと思います。

ですが、銀行カードローンでは即日融資が政府方針で対応していないため、翌日以降の借り入れになってしまう可能性があります。

よって、今日中に急ぎでお金を借りたいという方には、こちらでご紹介している大手消費者金融であるアコム、プロミス、アイフルなどの中でも、実績のあるアコムの利用をおすすめします。

安全にお金借りる方法の基礎知識コラム

フリーローンのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合サイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、フリーローンの提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

一方、フリーローンのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、フリーローンの方が銀行よりも不利と言えますが、銀行カードローンと比べるとフリーローンのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですから急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

銀行以外だとフリーローンやクレジットカード等があります。

少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事でフリーローンの金利と銀行金利を比較してみるとフリーローンの金利の方が高ことが一般的です。

しかし、中にはフリーローンよりも金利が高い銀行カードローンもありますからまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちであまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことにより法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

一般的にフリーローンのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

フリーローンのキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1
200万円まで借り入れることが可能です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますがフリーローンのキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますがフリーローンの場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、フリーローンレディースローンを用意しているところも多いので女性でも安心して借りやすいと評判です。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

フリーローンのメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、フリーローンは貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

フリーローンのキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

近頃のフリーローンといえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気高いようなのでフリーローン業界の業務内容や労働条件を解説します。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。


安全にお金借りる方法に関するお役立ち情報

\即日融資でおすすめ/
大手の安心感アコム

今すぐ安全にお金借りるなら↓